HOME > 技術・設備 > 機械設備

機械設備

米粉専用製粉工場

新潟製粉株式会社は、『設立理念』に基づいて旧黒川村(現:胎内市)が国・県の補助を受けて、
『微細製粉技術』による新規米粉を、世界に先駆けて実用化するための専用製粉工場を設置。

本理念を事業化し全国に普及~拡大を図るため、運営会社として旧黒川村が筆頭株主となり、
各分野毎の専門家からの協力・支援を得るために、関連事業各社からの資本参加により設立されました。

2種類の微細製粉技術のイメージ

2種類の微細製粉技術

【2段階製粉法】
ロール機で一次粉砕、気流粉砕にて二次粉砕と
2段階に分けて粉砕することで微細にします。

【酵素処理製粉法】
酵素を用いて細胞組織を分解して
気流粉砕します。

気流粉砕機のイメージ

気流粉砕機

高速回転する気流粉砕機に大量の空気とともに米を送り込み、空気渦流の中で加熱を抑えながら瞬時に微細な米粉に粉砕します。

殺菌・高質洗米機のイメージ

殺菌・高質洗米機

うるち白米の表面に微量に付着している米ぬかや
不純物を洗い流し、色が白く異臭のない
米粉製品を製造するための重要な作業です。

浸漬・酵素処理のイメージ

浸漬・酵素処理

お米の中心部まで吸水させて米粒を軟化させる
とともに酵素で分解し、微細製粉化のための
準備処理をします。

計量袋詰め機と制御・操作盤のイメージ

計量袋詰め機と制御・操作盤

乾燥され異物除去装置を通過した米粉を
ホッパーに貯め、一定量ずつ計量しながら袋に
つめてシールする製粉工場での最終工程です。

Copyright© 新潟製粉株式会社